9月も半ばになり、すっかり秋の気配が漂ってまいりました。
今年の夏は雨ばかりで、なかなかお日様を拝めなかったので、この秋の晴天が心地よく感じます。

福岡店の福永 正和です。

さて、今回のメルマガは、先日大丸京都店にて行いましたアナログレコードコンサートの件を書かせて頂こうと思います。

本題には関係ないですが、今回20数年ぶりに引っ張り出したレコードもあったのですが、意外とキレイで、ほとんどノイズもない状態でした。
ただ、レコードはいいのですが、私の目が若干年齢を重ねたせいか、溝が見えにくいという事態になっていて、ライトか眼鏡が必要かと思い、ちょっとショックでした....。

初日は、’70年代のハードロック、プログレッシヴロックです。
今回、他のメンバーの中には、かなりマニアックな物を選択された人もいましたが、私のレコードは、ド定番のものにしました。
聴きに来られる方に、普段聴いている、或は聴いたことがある音楽を大音量で、それに見合ったシステムで鳴らした時の音の違いを味わってもらいたかったからです。

もうひとつは、私自身が自宅でもあまり大きな音では聴けないので目一杯楽しまなければ損かな、と思ったこともありますが....。

スピーカーは、JBLの4343です。
とにかく大音量で歪み無くバンバン鳴らしてくれました!
YAMAHA GT-2000の安定した再生能力も感心させられました。
初日に好評だったのは、やはりLed Zeppelinの『天国への階段』ですね!
大音量で聴くハードロックの醍醐味を存分に味わえました!
普段聴くものでも、ギターの音はしっかりと泣いてくれるのですが、やはり余裕のあるスピーカーで一番の特徴はベースの余韻ですね。高音の伸びも素晴らしいですが、低音のたっぷりとした広がりの良さには、感動しました。
あと、個人的に気に入ったのは、キング・クリムゾンの『21世紀の精神異常者(※今のCDなどでは不適切な表現と言う事で邦題が変えられていますが、レコードの表記がこれなので、あえてそのまま書きます)』の全体的な歪み具合をしっかりと再生してくれたことでした。
ちょっとレンジの狭いスピーカーだと、あまり歪まず、綺麗に流してしまいますが、本来の嫌悪感を覚えるくらいの歪み方がしっかりとでていたので、それ自体好みは分かれるところですが、個人的にはしっかりと表現されているなと感じました。

グランド・ファンク・レイルロードも意外と評判がよかったですね。
ライヴ盤の荒々しさが臨場感があり、大音量で聴く楽しさが分かって頂けたのではないでしょうか。

二日目は、’80年代の男性ヴォーカリストを紹介しました。
ビリー・ジョエル、スティング、ボズ・スキャッグズなど、当時人気のあったヴォーカリストの曲を掛けまくりました!

その中で最も評判が良かったのが、ティモシーBシュミットの『ソー・マッチ・イン・ラヴ』(写真右の右下のジャケット)でした。
彼自身は解散間近にイーグルスに加入していて、ロックファンには知られていますが、一般的にはあまり有名ではないのではないかと思います。
しかし、この曲だけは今でも耳にする機会が多いのですが、意外と誰の曲かが知られていないのではないでしょうか。
オリジナルを歌っていたのはザ・タイムズというグループですが、圧倒的にティモシーBシュミットのヴァージョンが有名です。
実際、曲を掛けるとお客様の反応が大きく、試聴会終了後にこのレコードについて聞かれることもありました。

そういう時はちょっと嬉しかったりします。
今回、色々と頭を悩ませて、こういう選択になりましたが、結構難しかったですね。
一日3回ということで、同じ選曲で3回やるのか、全く変えるのか....。
結局初日は1回目がプログレッシヴロック中心、2回目がハードロック中心、3回目がそれぞれの良かった曲を厳選、という流れにしました。
お客様の中には、複数回来られた方もいらっしゃいましたので、同じ選曲では楽しめないかと思ったのと、自分ができるだけ多くの曲をかけたかった(聴きたかった?)というのもあります。
もっとしっかりと構成を考えて、番組的にすればよかったかも、という気もします。

お客様を目の前にしてのライヴ感もあり、その時その時で曲を選んで行くのも、楽しい部分もありました。

二日目は、最終日で2回のみだったので、思った通りの構成に出来たと思いますが、ちょっとしゃべり過ぎで時間オーバーしてしまいました。

自分自身で思ったのは、あらためて自分の好きな音楽を聴くことでシステムが変わることによって変わる音の違いを再確認することが出来たのは、大きな収穫でした。

結局、自分自身が楽しんだような結果になりましたが、こういう機会が多いと、皆様にももっと音楽を楽しんでいただけるのではないかと思います。
また機会がありましたら、聴きに来て頂ければ幸いです。


株式会社ハイファイ堂トップページ
中古オーディオ買取・販売のハイファイ堂
トップページへ

中古オーディオ買取・販売のハイファイ堂 ジャンク店
ジャンク店トップページへ

現在の買い物かごの中身
買い物カゴは空です
パスワードを忘れた方
初めての方、メールアドレスをお持ちでない方

振込先のご案内
お問合せはこちら
オーディオ買取相談はこちら
レコード洗浄サービス
ハイファイ堂レコードコンサート
Facebookページ
中古オーディオ買取・販売のハイファイ堂 レコード・書籍
中古オーディオ買取・販売のハイファイ堂 オーディオ機器
English
会社案内・振込先
お問い合せ受付け
インターネット参加
オーディオ買取
メルマガバックナンバー
カード決済画面へ
特定商取引法及び
古物営業法による表記
ハイファイ堂みせますカム!
入荷案内登録
ポイント会員特典について
修理規定
送料について
過去情報データベース
●キーワード

電話注文用
レコードリスト
ネット参加レコード出品中
CD・レコード高価買取中
高額ソフト過去情報

ハイファイ堂で
働いてみませんか?

買取更新情報
季刊 analog(最新1年分) ¥200
A-S1100 ¥65,000
NS-10M PRO ¥8,000
303 ¥30,000
34 ¥25,000

オーディオ高価買取一覧

DENON / viola
B&W / cello
TANNOY / SONY
DIATONE / JBL
Mark Levinson
Accuphase
EXCLUSIVE
TAD / McIntosh
audio-technica
Jeff Rowland
Sonus_Faber
Luxman
レコード / CD / 雑誌 / LD
オープンリールテープ
カートリッジ
トーンアーム
真空管 / 昇圧トランス
出力トランス
チョークトランス
電源トランス
プリ用電源トランス
インプットトランス
RCAケーブル
XLRケーブル
電源ケーブル
フォノケーブル

カセットテープ

オーディオ買取の流れ
大須本店
9月は下取り10%アップキャンペーン(9/1〜9/30まで)

レコード店
福岡店
店頭でジャンクレコード取扱開始!ビンテージオーディオ強化でスピーカーラインナップ目白押し!!九州でしか手に入らない商品があるかも!!?

日本橋店
新入荷商品、随時アップ中!日本橋店

秋葉原店
8月より、秋葉原店は1Fのみの営業となります!

丸の内店
ハイファイ堂丸の内店で、レコード演奏の魅力に触れよう!!
レコードがメインソース時代のハイパフォーマンスレコードプレーヤーが勢ぞろい。
その音を是非ご体験ください!


大丸心斎橋店
知る人ぞ知る、落ち着いた雰囲気で音楽を楽しめる心斎橋の新スポット!



一般社団法人日本音楽著作権協会 JASRAC規定に基づいて営業しております